本文へ移動

代表取締役 メッセージ

働くことについて

 
 まずは、自分が将来どうなりたいか、どうありたいかを考えてみて下さい。
 
 大きく言うと、あなたが働く意味や、あなたが働くことで何を得たいかを考え、その出した答え、将来像に、これからお話しする渡辺鉄工で、少しでも近づけそうだな、少しでも達成できそうだなと思われる方がいましたら幸いです。
 
 反面、当社があなたの将来像に合わないような会社であれば、地域・業界・職種を問わず色々な視野から、自分の将来像に合った、もしくは近づける企業を選択するべきだと思います。
 
 安定した公務員、世間体の良い大企業、無名の中小企業、どこに挑戦しても間違いではありません。実際に働いてみないとその会社が自分に合うかどうかなんて分からないと思いますが、最終的には 「自分がどうしたいか」 が大切だと思っています。
 
 当社が少しでもあなたの力になれる可能性があるなら、是非お会いしましょう。
 

今までの渡辺鉄工

 
 私が渡辺鉄工に入社した当時を振り返ると、工場内はごみが落ちている、必要のない図面や残材があちらこちらにある、使用した工具は出しっぱなし、機械のメンテナンスや管理は個人任せで記録表もない、また工場内に安全通路もなく、製作に関しても工程通りに進んでいるかも分からない、その状態の工場で何年も作業をしていた為、社員にとってはその工場で作業をする事、その光景が当たり前となっていたと思います。
 
 前職で工場経験が無かった私からすると、この光景が異常に見え、その状態で作業をすると、使用したい道具や工具がすぐに見つけられなかったり、機械の故障に気づかなかったり、当然非効率な作業になっていました。
 
 勤務終了後、一人で片付けを始めるのと、年齢の近い社員には、落ちているごみを拾う、所定の位置に工具を返却するなど、当たり前のことを当たり前にやろう、時には会社を巻き込んで 整理・整頓・清掃・清潔 という4Sが大切ということを伝えていきました。
 
 当社の創業のルーツは明治35年という100年を超える長い歴史がありますが、今言ったような工場の整理整頓だけではなく、図面・製作・検査・塗装、さらには会社の組織としても改善点が多く、私自身も含めてまだまだこれからの会社だと認識しております。
 

これからの渡辺鉄工

 
 今、建設業界は大きな転換期を迎えています。AI、IOTなどの実用化、ロボット技術の進歩が目覚しい時代と、それに反比例して労働人口の減少、働き方改革、外国人雇用など、今までのやり方を続けていくだけでは、間違いなく企業は存続できないと思います。それは建設業界だけに限ったことではなく、多くの業界、業種が当てはまるのではないでしょうか。
 これまでは会社に長く勤めていれば安定を掴むことができていましたが、世界的自動車メーカーに目を向けても終身雇用は難しいという発言があるくらいですし、実際、上場企業や大企業が定年前の希望退職者を募集している記事を目にします。
 だからこそ変化していかなければいけないと思います。人は時間と共に、成長ではなく安定を求め変化や努力を回避したくなりますが、企業にとっての現状維持は、 衰退の始まり だと考えております。
 
 新しいことに 挑戦 するとき、そこには必ず失敗があります。しかし、失敗を恐れていては前に進めません。日々進化し続けるには、 挑戦 して失敗することより、失敗を恐れて 挑戦 しない事のほうが損失です。
 
 当社では小さな改善提案も挑戦という意識でやっています。例えば、デッドスペースになっている場所があり、そのスペースを有効活用出来ないかという改善提案があったとします。誰もがデッドスペースに気付いてはいて、この一見誰でも提案出来そうなことでも、私が入社した当時の渡辺鉄工ではなかなか言い出せなかったと思います。何故なら提案したことで、今までのやり方が変わる、片付けの作業が発生するという感じで、良くも悪くも職人の集まりだった先輩社員・上司から少なからず反発がありました。
 しかし、私自身、現状維持は衰退の始まり、失敗を恐れて挑戦しない方が損失と考えていますので、現在では入社1年目の社員でも意見が言える体制となっています。
 
 受身ではなく、自ら考え、行動していく、大変なことも多々あると思いますが、それを乗り越えていく、年齢や性別、学歴や社歴に関係なく、責任ある仕事を任せてほしい。今より成長したい、自分の裁量を広げたい、そう思える方には最高の職場になると思います。
 
 
 

求める人物像

 当社は鉄工所という古くさい業種ですが、「本気でき、本気でべ。」というスローガンの元、若手、女性が働きやすい職場を実現するため、残業ゼロ、有給取得率100%、社員旅行を年4回、各種勉強会など様々な取り組みを行っています。
これらの取り組みも当社の大きな特徴の一つですが、最近多くの方が、休日日数や残業ゼロを第一の志望理由に挙げられており、その事に対して少し違和感と危機感を覚えます。
 働きやすさの追求を止めることはありませんが、この部分はあくまで当社の一面であり、それが最大の目的ではありません。常に新しい事に挑戦する集団を求める以上、最も大切なのは意欲を持って仕事に取り組み、自分自身が成長していくことが大切だと思っているからです。
 労働時間が短いから楽という事はなく、短い時間で結果を出すのは、もしかしたら長く働く事よりも難しいかもしれません。
 当社にご応募頂く前に、もう一度働くという事に対する意欲があるか、目の前の仕事に対してプロフェッショナルとして取り組む覚悟があるのかを考えてみて頂ければと思っています。
 そういう気持ちをお持ちの方とこれからの渡辺鉄工を創っていきたいと本気で思っています。そしてその気持ちをお持ちの方にとって、当社が非常に働きやすく、楽しい、「本気でき、本気でべ。」を実感できる職場である事をお約束したいと思います。
 
 
 
 

渡辺鉄工に興味を持たれた方へ

 初めて就職をする方、転職を考えている方には、これからの時代は実力主義の社会になっていくと強く意識していてほしいです。AI、IOT、国際化の流れは今後さらに加速していくと思います。そのような時代に企業におんぶに抱っこという姿勢でいることは非常に危険です。どの会社に就職しても、自分自身で実力をつけ、どこへ行っても必要とされ、通用する人材に成長していくことでしか、これからの社会で本当の安心、安定は得られないと思います。
 また、先入観を持たずに、何事にも挑戦していく心を持っていてほしいです。自分にはセンスや才能がないからと、自分の可能性をつぶしてしまうのは、これからの時代で生き残っていけないと思います。
 どの道が正解かではなく、自分が選んだ道を自分が正解にしていくという強い意志と行動力が、私は大事だと思っています。どうせ仕事をするなら楽しく仕事をしたいと思っていますし、今よりも楽しく仕事が出来るように変えて、お金だけじゃなく、やりがいだけじゃなく、その両方を追い求めていきましょう。
 
 ご家族や恋人、大切な人に誇れる仕事をしようと、誇れる会社にしようと、社員と一緒に創っているところです。
 
 自分自身が動かなければ景色は変わらないです。今の延長線上の3年後、5年後、もしくは10年後にワクワクはありますか?
 
 年齢、性別、学歴や職歴、現状のスキルや能力も全く問いません。強い意志と覚悟がある方であれば活躍できる場所が当社には必ずあります。
 
                                                         渡辺鉄工株式会社
                         代表取締役 渡邊 信太郎
 
 
 

採用実績

採用人数
2020年 3名
2019年 3名
2018年 1名
2017年 2名
スタッフ数
13名(2020年12月現在)
平均年齢
31.5歳(2020年12月現在)
有給休暇消化率
前年度実績 97.5% 
TOPへ戻る